どんなときもWiFi研究所

「どんなときもWiFi」の利用料金は「リンクライフ」から請求がくる

クレジットカードの利用明細に、謎の請求が・・・

ある日、クレジットカードの利用明細を眺めていたところ、身に覚えのない請求がありました。

「リンクライフってなんだ?知らんぞ!しかもクレジットカードで8,279円の支払いなどした覚えないぞ!カードのスキミングでもやられたか?」

などと憤慨してはみましたが、そういえばこのカードを「どんなときもWiFi」の利用料金の支払いカードにしていたことを思い出しました。

色々と調べた結果、この「リンクライフ」はやはり「どんなときもWiFi」利用料の請求でした。

「どんなときもWiFi」の請求業務はリンクライフに譲渡委託されている

「どんなときもWiFi」の取り扱い業者は「株式会社グッド・ラック」。それがなぜ「リンクライフ」から請求がくるのか、それは、グッドラックがリンクライフに「どんなときもWiFi」のクレジットカード決済の請求業務を譲渡委託しているからなんです。

「どんなときもWiFi」の公式サポートページにも記載がありました

「どんなときもWiFi」利用開始の初月・二か月目の料金は、まとめて請求がくる

「そうか。リンクライフって、どんなときもWiFiの請求だったんだ。でも、

なぜ8,279円?月の利用料金が3,480円(+税)で、初回は事務手数料3,000円(+税)がかかり、あんしん補償の月400円(+税)を入れて、電卓使って税込みの合計出しても、7,430.4円(消費税8%時代のため)にしかならねー!なんで?」

 

その答えは、「どんなときもWiFi」の初回の請求は、以下のようになっているからなんです。

どんなときもWiFi 初回の請求内容

 

初月の利用料金(日割り計算)

二か月目の利用料金(+あんしん補償料)

事務手数料

オプション料金

初月は「あんしん補償」の料金は無料のようです。


これで私の場合を計算してみます。

 

まず初月は7日間のみの利用なので、日割りの利用料金は

3,480÷31×7≒786円(税別)

 

二か月目の利用料金とあんしん補償料を合計すると

3,480+400=3,880円(税別)

 

さらに、事務手数料が3,000円(税別)で、ほかにオプションは使わなかったので、合計すると、

786+3,880+3,000=7,666円(税別)

この記事を書いている時点では消費税8%なので消費税額を計算すると

7,666×8%≒613円

 

合計して、税込みの金額を出すと

7,666+613=8,279円(税込み)

というわけで、クレジットカードの請求金額と合ってました!

めでたしめでたし。