どんなときもWiFi研究所

「どんなときもWiFi」は使えるエリアが広い!(ドコモのLTEエリアより広い!)

 

ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのLTEエリアなら「どんなときもWiFi」は繋がる!

どんなときもWiFi」は接続できるエリアが広い!日本全国、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのLTE回線がつながるエリアなら使えます。

自動的にドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線のうち、最も速く快適に使える回線を自動的に選び、接続します。

 

↑ソフトバンクのLTE利用可能エリア(愛媛県伊予市付近)

 

 

↑ドコモ(DoCoMo)のLTE利用可能エリア(愛媛県伊予市付近)

 

 

 

ドコモ・au・ソフトバンクと、それぞれLTEのエリアは微妙に違い、「ドコモは使えるが、ソフトバンクは使いにくい」とか、「auはつながるが、ドコモは全然使えない」といった地域も中にはあります。

しかし何度も言いますが、「どんなときもWiFi」は、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかのLTEエリアであれば使えます。

2019年現在、ドコモ・au(KDDI)・ソフトバンクの大手通信3社は、日本全国の広い範囲にLTE網を張り巡らせています。「ドコモ・au・ソフトバンクのいずれのLTE回線もつながらない」というエリアを探すほうがむしろ困難です(そのようなエリアは大抵の場合、人がまったく住んでいない地域です)

 

 

 

万一「どんなときもWiFi」が使えない場合は「初期契約解除制度」を使うことができる

ただ、場合によっては「ドコモ・au・ソフトバンクのいずれのLTE回線もつながらない」エリアに住んでいる方も中にはいます。その場合、自宅で「どんなときもWiFi」は使えません。

「どんなときもWiFi」を申し込んで使おうとしてみたが、エリア外でつながらない、このような場合に、条件付きで「初期契約解除制度」を使うことができます。

 

どんなときもWiFi

「初期契約解除制度」の条件

 

 

・「どんなときもWiFi」の端末を受けとった日から起算して 8 日以内に、電話申告または書面により契約の解除申請をすること

 

・「どんなときもWiFi」の端末を受け取った日から起算して8日以内に指定された住所へ端末本体・個装箱2点を発送する必要がある。送料は契約解除を申請する人間が負担。返却できない場合、返却期日を過ぎている場合、また返却端末に欠品がある場合は機器損害金として18,000円(税抜)の請求がくる。

 

・初期契約解除制度を受け付けた場合であっても、契約時の事務手数料3,000円(税抜)を支払う義務はある

少々厳しい条件ですが、契約初期であれば契約解除をすることはできます。