2018ミャンマー旅行記

2018 ミャンマー旅行記⑦ ~バガンから、再びヤンゴンへ~

ニャウンウーのマーケットへ

バガンの「ZEIN MOTEL」で3泊し、eバイクでバガンを走り回り、いよいよ飛行機でヤンゴンへ戻る日がやってきた。

飛行機は午後の便なので、午前中だけまたeバイクを借り、そこら中に遺跡のあるバガンを走る。eバイクで走るだけでもバガンは価値がある。

ニャウンウーのマーケットにも行ってみた。食品や生活必需品を販売している。

ミャンマーの民族衣装「ロンヂー」を売っているオバちゃんが、ロンヂーを熱心に勧めてくる。筆者、なかなか押しに弱いもので、ロンヂーを購入してしまう。

ロンヂーとは、ミャンマー式スカートとでも言うもので、しかし女性だけでなく男性も身に着ける。

このオバちゃんから、ロンヂーの巻き方を教えてもらった。

 

魚も売っている。エーヤワディー川で獲れた魚だろうか。魚にはハエがたかっていた・・・。「火を通せば大丈夫」ということなんだろうか・・・。

 

エアカンボーザ便のはずが・・・

 

「ZEIN MOTEL」に戻り、空港までの送迎車をお願いする。トヨタの右ハンドルのクラウンだった。ミャンマーの人々は本当に日本の中古車が好きなんだなあ・・・。

 

バガンのおもてなし宿「ZEIN MOTEL(ZEIN HOTEL)」の予約もできる! Booking.com

 

おもてなしの宿「ZEIN MOTEL(ZEIN HOTEL)」に別れを告げ、ニャウンウー(バガン)空港へ。

エアカンボーザの航空券だったので、エアカンボーザのカウンターに行くが誰もいない。近くの空港係員に尋ねると、「ゴールデン・ミャンマー航空」のカウンターに案内される。どうも今回予約したエアカンボーザ便は、ゴールデン・ミャンマー航空のコードシェア便らしい。

しかし、ゴールデン・ミャンマー航空とはミャンマーのLCC(格安航空)で、「ちゃんとヤンゴンまで飛んでくれるのかな?」といった不安があったものの、しっかりと飛んでくれました。

 

 

再びヤンゴンへ

ヤンゴン到着。夜9時くらい(ミャンマー時刻)。タクシーで宿まで。やはり右ハンドルのトヨタ車。

この日の宿は、ヤンゴン市内で、日本人宿泊客からの評判が良い「チャンミーゲストハウス」。ヤンゴンのダウンタウンにある。ここで2泊してから日本へ帰る。

チャンミーゲストハウスに到着。確かに、接客態度は悪くない。

しかし、部屋は狭い・・・。シャワーを浴びるが、お湯は出ない・・・。冷たい水シャワー・・・・・。

低価格で泊まれるのはいいが、これは・・・・。

バガンの「MOTEL ZEIN(HOTEL ZEIN)」と比べると、あまりにも・・・・。


↑バガンの極上宿「MOTEL ZEIN(HOTEL ZEIN)」を予約できるサイトBooking.com

 

 

←前の記事へ | 次の記事へ→